紙オムツブランド(パンパース・メリーズ・マミーポコ)の比較と使い心地について

マミーポコ赤ちゃんが産まれた直後から数年間、ママは毎日子供のオムツ替えをすることになると思います。毎日使うものだからこそ安く、でもなるべく質にはこだわってオムツを選びたい・・・。そんなことを願ってやまないママはとても多いのではないでしょうか。今やオムツブランドは山ほどありますが、それぞれ価格も違うし特徴も異なります。赤ちゃんによって同じオムツでも向き不向きのあるのがオムツ選びの難しいところ。私も様々なオムツブランドを試してきました。使い心地などは個人差があると思いますが、今回は私が子供に対して色々と試してみた結果の感想をブランド別にご紹介していこうと思います。

パンパース

出産した病院で使っていたということもあり、初めて使ったオムツがパンパースでした。退院した後も、しばらくはパンパースを使っていました。質自体は悪くないと思うのですが、私赤ちゃんが大きめだったので、パンパースはフィットしませんでした。つまりパンパースは他のオムツに比べて少し小さめです。安くはありませんが、知名度はNO1ですし、産院でも使用率NO1という安心感があります。細めの赤ちゃんは是非試してみてください。

メリーズ

私自身、使い心地はメリーズがNO1です。何より肌触りが良いですし、赤ちゃんのお尻もかぶれにくい気がします。メリーズは品質が良いからか、中国人が大量に買い占める傾向にあるそうです。その為、ドラッグストアではメリーズが品薄になっている場合が多いです(あったとしても一人一個までの表示がある場合が多いです)。安いオムツではないと思いますが、品質を重視するのであれば、私はメリーズをおすすめします。

マミーポコ

とにかく安いです。パンパースやメリーズだけでなく、他の紙オムツブランドと比べても1枚当たりの値段には結構差が出ます。しかし、品質は「安いからこれでも仕方ないかな~」という感じ。オムツの生地が固めなので、敏感肌の赤ちゃんはかぶれてしまうかもしれません。なので、安いからといって最初から大量買いするのはやめておきましょう。保育園などに行くお子さんは自宅で過ごす場合と比べ、オムツを大量に消費しやすいので〈保育園では頻繁にオムツを替えるので)最終的にマミーポコに辿り着く人が多いみたいです。ちなみに、マミーポコはサイドがとても破きにくくウンチを替える時などはとても苦労します。このストレスに耐えられなくてオムツを替える人も居るくらいです。安いので仕方ないと思うしかありませんね。