出産当日 朝イチで陣痛に襲われる

たまひよのファイル

出産当日のお話。朝目が覚めた私はなんとなくお腹の違和感を感じた。出産予定日3日前。今までも前駆陣痛らしきものは沢山あったので、今回も前駆陣痛だろうとあまり気にしないでいた。その後ちょっとお腹は痛かったが西松屋に赤ちゃんグッツでも見に行こうかと考えていた。

朝起きて1時間後、一気に陣痛の間隔が短くなる。

この時はまだ陣痛と気付いていなかった。でも、なんとなく規則的にお腹が痛くなっている気がしてきた。私は、スマホのアプリで陣痛間隔をはかるアプリがあるということを知っていたので直ぐにダウンロードし起動する。はかってみると、6分、6分、5分、7分・・なんなくだけど規則的っぽい感じがする。そこで初めて病院に電話をした。

すぐ入院の準備をしてきてください。

あまりにも急だったのでびっくりした。このとき起きてから1時間半くらい。家には私一人。どうしよう・・。母親はパートに出ていたが、一応連絡したら、人が沢山いたらしく帰ってきてくれた。そこで私は母親と病院に向かうことになった。この時すでに痛い時はかがまないと辛いくらいの状況になっていた。ここにきて私は、赤ちゃんが出てこようとしてると確信した。

母親と病院についた私は、陣痛中ということで妊婦健診の人たちよりも優先して診察に入れてもらった。

今日にも産まれますね。

その言葉を聞いたときは、なんとなく今日産まれるのかなとは思っていたが、実感が湧いてそわそわしてきた。そして陣痛の波はとどまることなく襲ってくる。でも、陣痛の波が来ていないときは平気だったりする。その波が来ているあいだがとてつもなく痛い。でもまだ耐えられる程だった。この時はまだ正午前。陣痛の間隔も5分くらいだったので「これくらいなら大丈夫かも」と思っていた。

しかしそれは大きな間違いだった。

診察室を出た私はすぐ陣痛室に通される。陣痛室で入院着に着替えお産の準備をする。手に点滴を通され、色々くだを付けられる。モニターを設置され、陣痛の波が分かるようになる。母親は横に座ってくれた。そして、お昼御飯が出される。かつ丼だ。なかなかの豪華メニューにびっくりした。沢山食べてこれからの出産を乗り切ってくださいということらしい。

PM2時になると母が職場から呼び出される。

人が足りているということで帰った母だったがこの日は何人か病欠が途中で入ったらしく、急に人が足りなくなったそうだ。出来れば戻ってきてほしいということで、しょうがなく戻っていった。私は一人で頑張るねといって母を見送った。

そしてここから本当の闘いが始まるが、それはまた次回書こうと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>