生後二か月 予防接種の嵐が始まる

注射

生後二か月になり、予防接種の嵐が始まった。

幸い私の住んでいるところから徒歩5分のところには昔からある評判の良い小児科がある。なので、そこに予防接種を受けに行くことにした。

今は同時接種が主流らしい。

まずびっくりしたのが、今は同時に何本もの注射を赤ちゃんに受けさせるにが普通のようだ。生後2か月から接種できるワクチンは「ロタウイルス」「B型肝炎」「小児肺炎球菌」「ヒブ」らしい。この中で「ロタウイルス」と「B型肝炎」は無料ではなく親が任意で接種させるものなのでお金がかかる。両親や病院の先生に色々相談した結果すべての予防接種を受けさせることにした。

スタートの時期が大切らしい。

スタートの時期が少しでも遅れると、どんどん後伸びしていってしまうので2か月になったらすぐに予防接種を受けさせることが望ましいらしい。とくに冬場になったり、保育園に通い始めたり、母乳の免疫が切れたりすると風邪をひきやすくなってしまう。風邪をひくと予防接種をうけることが出来ない。私の行っている小児科は37.5℃以上体温がある場合は予防接種は受けてはいけない規則になっている。なので、最初を早めにはじめておけば、後で少し遅れることがあったとしても早めに免疫をつけてあげることが出来るので安心だ。特に保育園に通う予定がある人は早めに受けさせた方が良い。保育園は伝染病がとてもはやる。それまでに必要な免疫はつけてあげたほうが良いと思う。

今はアプリなどでも予防接種管理ができる。

予防接種はとても種類がたくさんあるので、自分でも次はどれを受ければいいのか分からなくなってしまうことが多い。そうならない為にもスケジュール管理はしっかりすることをおすすめする。特にスマートフォンの予防接種管理をするアプリはとてもわかりやすかった。スマートフォンユーザーは是非検索してみてほしい。

予防接種を受けた日は夜泣きをする可能性が高い。

うちの場合は毎日夜泣きがひどかったので、特別酷いというわけではなかったが、あまり夜泣きをしない子でも予防接種を受けた日は夜泣きでなかなか寝ないことが多いらしい。嫌な夢でも見るのだろうか。でも、大人だって嫌な注射を一気に何本も受けるのだから、嫌な夢くらい見て当然かもしれない。なので、予防接種を受ける日は夜泣きで寝れないことは覚悟した方が良いかもしれない。

予防接種は赤ちゃんの為にとても大切なこと。病院が予約がとりにくかったりして大変なこともあるかもしれないが、しっかり受けさせてあげよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>