大学の同級生が子供に会いに来た

麻雀

それほど仲良くはないけど、なんとなく上辺は仲の良かった大学の友達。出産から数か月たったある日突然連絡が来た。

「元気してる?今度赤ちゃんに会いに行っていい?」

嫌という理由もないのでOKした。というのも、出産後体力が落ちていた私は赤ちゃんのお世話で一杯一杯になっていて外出も数回しかしていない上に、顔を合わせたのは家族以外ほとんど居ない。なんだか少しずつフラストレーションがたまっていた。たまに他人と顔を合わせることで少しリフレッシュになるかもしれないと考えた。

「じゃあ来週、大学の帰りに寄らせてもらうね」

大学帰りだと遅くなるんじゃないかと不安だったが、2限で終わるらしいの正午過ぎには我が家につくはずだ。自分の子供を他人にお披露目するのはほぼ初めてだったので、少し楽しみだった。

当日

久しぶりに服を着替えて、久しぶりに化粧をした私は友達を待っていた。

ピンポーン「おじゃましまーす」

突然入ってきた私の友達は「えー!めっちゃ小さい!可愛いー」

私はこの瞬間、やはり呼ばなきゃよかったと思った。なぜかというと、赤ちゃんはさっきやっと眠りについたところだった。騒いでなくても起きてしまった場合はしょうがないが、寝ている赤ちゃんを目の前にして大声を出すってとても非常識ではないだろうか。これだから大学の友達は合わない。

そんなことを思いながら、友達にお茶をだしていると友達が勝手に赤ちゃんを抱っこしていた。まだ寝ているのに。もちろん赤ちゃんは起きだして泣き始める。友達は「どうしよー泣いちゃったー」と言う。こっちがどれだけ苦労して寝かせたと思っているんだ。本当に気のつかえない人だ。

産まれて数か月の赤ちゃんは寝る時間も定まらないし、ママは毎日寝不足だ。やっと眠りについた赤ちゃんを無理やり起こされる程イラつくことはない。まわりに赤ちゃんを産んでいる人が居ないから分からないのかもしれないけど。まだ首も座らない赤ちゃんに会いに来るのだから少しは気をつかって欲しい。

私は「あー泣いちゃったね。私が抱っこするよ」

と言って赤ちゃんを引き取った。もう絶対抱かないで欲しい。「ごめんねー」と言いながら、その子はお茶を飲み始める。なんだかやっぱり大学の友達って常識が無い子が多い。もう絶対に家には呼ばないと決意した。

その日は3時間程度で帰ってもらった。

無駄に抱っこしたので、とても疲れた。精神的にも。とりあえず、大学の友達とは出来る限り会いたくないなと思った一日だった。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>