生後5か月 初めての離乳食

お好み焼き

一般的には生後5か月から離乳食を開始する家庭が多いみたいだが、我が家の娘は生後5か月半くらいから離乳食を開始してみた。

最初は10倍がゆ

私の離乳食の進め方は10倍がゆを7日間。その次は10倍がゆにすりつぶした野菜1種類を混ぜて、同じメニューを3日間。アレルギー反応が出なければ違う種類の野菜をプラスして3日間。このような感じで、段々食べれる食材を増やしていった。最初はアレルギー反応が出ないかビビりながら結構神経質になっていたが、離乳食が進んできた中期頃には結構適当になっていた。

好き嫌いが出てくる

赤ちゃんによっては早めに好き嫌いが出てくる場合もある。特に緑の野菜は苦手な赤ちゃんが多い。あと意外なのが「お肉」も苦手な赤ちゃんが多いらしい。うちもそうだったが噛みきれない触感が苦手なようだった。赤ちゃんにお肉をあげる場合は焼売など、ひき肉料理からはじめた方が良いかもしれない。ちなみに我が家の娘は野菜は嫌いではなかった。特にクタクタに煮たキャベツなどはとてもよく食べてくれた。

お茶にも挑戦しよう

離乳食と並行してお茶にも挑戦してみた方がいいかもしれない。ストローマグやコップなどで食事の際の水分補給に挑戦してみよう。うちの場合は、まず哺乳瓶で麦茶をあげてみた。しかし全然ダメ。おそらく生後5か月まで母乳オンリーで生活している赤ちゃんは途中から哺乳瓶で飲むということは厳しいかもしれない。なのですぐにストローマグに変更。最初はうまく吸えなかったのでよくダラダラこぼしていたが数週間で見違える程上達した。ストローが上手になってくると、飲みやすいので結構ゴクゴク飲んでくれる。私は結構長い間、ストローマグを使っていた。コップはストローに比べると結構難しいので焦って覚えさせなくてもよいかもしれない。

おやつは1歳前後からでもOKだと思う

子どものうちは「朝ごはん、午前のおやつ、昼食、夕方のおやつ、夜ご飯」という家庭が多いと思うが母乳を飲んでいるうちはおやつは食べなくてもいいと思った。おやつは一回覚えると結構執着が出てきてしまう。これも個人差があるのかもしれないが、うちの赤ちゃんはかなり食べる方だったのでおやつを1回覚えたらおやつを見るたびに泣くようになった。なので1歳過ぎるくらいまではあげなくてもいいと思う。今は10か月くらいまで母乳で育てるという家庭も多いらしい。そう考えればおやつの開始時期は遅くても問題はないはずだと思う。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>