A型ベビーカーを購入した

ベビーカー

ついにベビーカーを購入した。購入したと言っても、実際は両親に購入してもらった。

赤ちゃん本舗へ

赤ちゃん本舗以外にもベビーザらスや西松屋、楽天などのネットでもベビーカーは購入できる。私は家から一番赤ちゃん本舗が近かったので、こちらで購入を検討することになった。ベビーカーに関する知識が少なかった私たちはすぐ店員さんに話を聞くことにした。

「A型ベビーカーは長い間使えるので、値段は少々高くなりますがおすすめですよ。昔はA型ベビーカーは重いものが多かったのですが、今は4キロ未満の商品も発売されております」

私たちは店員さんにおすすめされた「A型ベビーカー」を買うことにした。

ちなみにA型ベビーカーは首がすわらない赤ちゃんでも使えるベビーカーである。反対にB型ベビーカーはお座りが出来る赤ちゃんからしか使用できない。一般的にはB型ベビーカーよりもA型ベビーカーの方がつくりが複雑なので値段が高めになる傾向にある。

最新式だとネットでもあまり値段は変わらず

ネットは安いイメージだが最新式だと、そこまで大差はない模様。しかも店頭で買う方が色々特典もついてくる可能性が高いのでお得かもしれない。ネットで買うのであれば少し古めの型落ちであれば、店頭より安く買える可能性は高い。安い買い物ではないので、店頭に行った際もケータイを片手にネット販売価格との差を見比べてみた方が良いと思う。

階段や段差が多い地域に住んでいる人は軽さを重視して購入することをおすすめする

私の住んでいる地区は階段がとても多い。上り坂ならまだしも、階段となるとベビーカーを折りたたんで担がなければならない。なので、私は軽さを重視してベビーカーを選ぶことにした。軽めのベビーカーは重量があるベビーカーに比べて動きが安定しない感覚がありますが慣れてしまえばなんてことないと思う。重たいベビーカーと赤ちゃんを一気に持つのはとても辛い。段差の多い地域に住んでいたりマンションにエレベーターが無かったりする場合は迷わず軽めのベビーカーの購入をおすすめする。

赤ちゃんを乗せての試乗も忘れずに

私はいくつかのベビーカーを実際に赤ちゃんを乗せて押してみることにした。それぞれ、赤ちゃんへのフィット感や自分の押し心地も違うので必ず試してから購入した方が良い。

最後に荷物掛けのフック購入も忘れずに

ベビーカーの持ち手に取り付けるタイプの荷物掛けフックの購入も忘れずに。意外と使えます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>