素敵なシングルマザーになるために心がけていること

弁当数年前に比べると、シングルマザーの割合は増えてきているものの、まだまだ偏見の目で見られることが多い私達。精神的な疲れと、体力的な疲労から「もうやだ~」ってなってしまうこともありますよね。でも、シングルの道を選んだのは子供ではなく自分自身。子供の為にも素敵なシングルマザーで居てあげたい!そんなママで居る為に私が心がけている4つのことをご紹介します。

笑顔を心がける

「辛い時こそ笑顔で居よう」という言葉がありますが、全くその通りだと思います。辛い時に辛い顔をしてしまうと、2倍増しで辛くなってしまいます。子供も心配するし、家庭に悪影響ですよね。辛い時こそ無理にでも笑顔を作るのが私のモットーです。いつも笑顔でいると、周りから不幸な目で見られなくなります。私は娘を出産した当初、周りからあわれな目で見られるのがとても辛かったです。確かに結婚して妊娠して出産して・・・と誰から見ても一般的で普通の順序をたどっている夫婦から見たら私は可哀想かもしれません。学生でしたし、パパも居ませんからね。でも、そんなことを気にして暗い自分で居たら誰も近寄ってこないことに気づきました。笑顔で居ることを心がけると、私がどんな過去を持っていようが友達(ママ友)が自然と出来るんですよね。同じ悩みを共有できるママ友の存在は、今となってはとても大きいです。

ポジティブシンキング

ネガティブなことを考えてしまうとキリがないですよね。私も不安なことを書き上げたとすると、ノート1ページくらいでは、全くおさまりません。でも、暗いことばかり考えていると必然的に笑顔も消えてしまいます。なので「なんとかなる」と思いましょう。人生なんとかなるものです。私はそう考えるようにしています。ママが今を楽しく生きていないと、子供も楽しく生活することが出来ない気がします。子供の為にもポジティブシンキングを心掛けて生活しています。

子供の父親の悪口は言わない

子供が話が分かる年齢になり、父親のことを聞かれたとしても、悪口は絶対に言わないようにしようと心に決めています。理由としては、子供にも人の悪口を言う人間になってほしくないということ、父親は自分(子供)のことを捨てたと思って欲しくない・・・という2つの観点からです。

他人と比較しない

私も昔から両親に言われてきました。人と比較していたら、うらやましくなることだって多々出てくると思います。人の家庭は「気にしない」ことが一番。家庭の数だけ家庭があるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>