添い乳は良くなかった!私が添い乳をおススメ出来ない理由

枕皆さんは母乳派ですか。それともミルク派ですか。ミルク育児の人には馴染みがあまり無い言葉かもしれませんが、母乳育児の人のほとんどが添い乳を試したことがあると思います。私は新生児の時から添い乳ばかりしていたので、我が子の添い乳に治する執着は並大抵のものではありませんでした。寝ながらおっぱいをあげることが出来るというメリットはありますが、色々と大変なことも多かったのが私の添い乳に対する感想です。なので、私は添い乳をおすすめしません。しかし、これはあくまでも私の意見です。他の人にはメリットがデメリットを上回るかもしれません。母乳育児をする際はよく考えて添い乳をするかどうか決めてください。今回は私が添い乳をおすすめしない理由を4つご紹介します。

添い乳以外で寝なくなる

添い乳がくせになってしまうと、寝る=おっぱいを飲むという図式が赤ちゃんの中で出来上がります。なので、おっぱい無しでは寝ることが困難になってきてしまいます。もちろんパパやおばあちゃんでは寝かしつけることが困難です。眠いのにおっぱい飲めないことで機嫌がものすごく悪くなることもあります。おっぱいのせいで機嫌が左右されることが多いのも添い乳をおすすめ出来ない理由のひとつです。

断乳がとても大変

断乳にとても苦労するのも添い乳の特徴だと思います。なぜかというと「寝る=おっぱい」という図式が出来上がってるので眠くてもおっぱいを飲めない状況に一晩中泣いてる赤ちゃんも少なくありません。私も断乳の時は3日間寝ない覚悟で取り組みましたが、本当にほとんど寝れませんでした。とても辛かったことだけ記憶に残っています。1回断乳に成功してしまうとなんてことないのですが、おっぱいを忘れるまでの数週間は夜泣きが続きますしママはあまり熟睡できない状況が続きます。

夜中に何回も起きる

母乳育児の子はミルク育児の子に比べて眠りが浅いとよく言いますが、本当に良く起きます。おっぱいを飲みながら眠りにつくので、ふと夜中目覚めた時に横におっぱいがないと混乱して大号泣というパターンが多いのでしょう。私は断乳までの間、2時間以上連続で寝れたことは数える程しかありませんでした。決まって1時間半くらいで目覚めるのです。これはミルク育児の人には格段に少ない現象だと思います。これから母乳育児に挑戦しようと思っている人は、寝る時は添い乳でなく寝かしつける癖をつけた方がいいかもしれません。

寝る時に肩が凝る

寝る時に毎回同じ方向を向いて寝るので肩が凝ります。私は肩こりが酷い体質ということもあり、何度かマッサージでほぐしてもらいました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>