出産に向けて大学は休学することに決めた

なみきみち

両親とも話し合い、自分自身でも色々考えたが大学は休学することに決めた。まだお腹が大きくなっていないので、キリのよい3月末から休学することにした。そのころには少しお腹は大きくなっている頃だが、まだ通うには問題ないはずだ。洋服を選べば他人の目は気にならないくらいの時期。

一年間は育児に専念する

出産予定日は春の終わりから夏にかけての時期。産まれてから一年間は育児に専念しようと思った。一年後、もし保育園に入れれば保育園に預け、学校へ行く。無理ならば両親に預け学校へ行く。このようなプランで考えていた。両親にも了承を得た。それにしても、なんて寛大な両親だろう。父親がいないにしても、孫の誕生は相当嬉しいようだ・・。

数少ない友達に報告する

特別信頼している友達は大学には居なかったが、とりあえず表面上でも仲良くしている友達は居たので、まずその子達に報告をした。表面上は一緒に卒業できないことをとても悲しがってくれた。そう、私は休学するので今同じ学年の子達とは一緒に卒業出来ない。休学後、また新しい環境で新しい人たちの中で学校に通わなければならないのは少しストレスだけど、親が与えてくれた試練(いい意味で)だと思って頑張ることにする。

「出産したら赤ちゃん抱っこさせてね」

友達達はみんなお決まりのようにその言葉を私に言った。

ゼミの先生に報告する

わりと信頼しているゼミの先生に報告した。私がこのような決断をすることは先生もなんとなく予想していたようだった。

「またいつでもゼミに戻ってきてね」

と言ってくれた。戻った時はまた同じゼミで頑張りたいと思った。

休学までは出来るだけ単位を取るためにしっかり通学する

これは両親からの条件だ。正直言われなくてもそうしたが、産まれてきてからの負担を少しでも軽くするために、今のうちに出来ることはやっておきなさいということらしい。その時はまだ想像もつかなかったが、育児と学業の両立はとても大変だ。今増えている、仕事と育児を両立する「ワーキングマザー」はどんだけ大変なんだろうと思う。私は両親が協力してくれるから、両立できるが、周りに手助けしてくれる人がいなければ絶対に厳しいと思う。今イクメンが増えているというが、それでも育児は女性な部分が多い。女性が生き生きと活躍したりスキルを身に着けるためにも、男性がもっと協力的な世の中になればいいのになと思う(夫のいない身なので想像と独断が多い意見なのはご了承ください)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>