妊婦におすすめ 妊娠中によく食べた食べ物

ほうれんそうと包丁

私が妊娠中によく食べた食べ物を紹介します。妊娠中は油断をするとすぐ太ります。妊娠中の体重増加は度を過ぎると妊娠中毒症の危険性や大変なお産につながる可能性が高くなるので気を付けなければなりません。そこで私が、体重増加を抑えるため・赤ちゃんに良い栄養を沢山とるためによく食べた食品や料理を紹介します。

温野菜をたっぷり使ったサラダ

妊娠中に良い栄養素を調べるとよく話にあがってくるのは「葉酸」です。葉酸は胎児の発達の為にかかせない栄養素です。積極的に取るように病院でも指導されました。「葉酸」はその名の通り葉物野菜に多く含まれます。ホウレンソウやブロッコリーなど緑の野菜は葉酸の宝庫です。なかなか生のままだと食べにくいものも多いので「温野菜」にしてみましょう。特にブロッコリーは蒸しても形が変わらないので温野菜サラダにおすすめの野菜です。ただ、葉酸の栄養効果を効率的に発揮するために他の栄養も万遍なくとることが重要です。温野菜サラダは色々な野菜を効率よくとることが出来るので妊婦におすすめのメニューです。

鉄分

妊婦が不足しやすい栄養素のひとつとして鉄分があげられます。というのも、妊婦は妊娠していない時よりも鉄分を多くとらなくてはならないのです。レバーは鉄分が多く含まれる他に、葉酸も含まれているのでおすすめです。あじもこってり目なので、満足感が出るはずです。私は週に何度かレバーの焼き鳥を食べていました(味が濃いので食べ過ぎは良くないです)。その他、ホウレンソウなどの野菜にも多く含まれます。やはり野菜はオールマイティーですね。積極的にとって損はしないと思います。

体重増加を抑えるために!食物繊維

特に胎児に重要な栄養素ではありませんが、妊娠中の体重増加を抑えるために積極的に取った方が良い栄養素の一つです。妊娠中はホルモン関係もあり、普段便秘をしない人でも便秘がちになります。なので、便秘の解消をするためにも食物繊維は積極的に取った方が良いです。食物繊維に関しても野菜に多く含まれます。サラダだけでなく、色々な料理に組み込んで、効率よく飽きずに野菜をたっぷりとれる工夫をしましょう。冬は鍋なんかも良いかもしれませんね。

その他

その他にはカルシウムなども重要と言われる栄養素です。妊娠中に限らず、万遍なく栄養素を取ることはとても重要ですが、妊娠は食生活を見直すいい機会かもしれません。お腹の赤ちゃんことを思えば、ストレスも少なく日々の食事の改善に取り組めるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>